ソラノ旅人

カテゴリ:クロアチア( 21 )




やっぱりこの景色を

ドブロブニクに来たからには
やっぱり見ておきたい景色がありました。

旧市街を一望する。

それはスルジ山という標高412mの山頂へ登ることで叶えられます。
昔はロープウェイで簡単に行けたのですが、約20年前のクロアチア独立戦争時に
破壊され、現在は車か徒歩で行くことになります。

ドブロブニク滞在最終日、とにかく「あの景色」を目指して
スルジ山方面へ向かって歩き始めました。
結構な坂道が続くので、休み休み進みます。

ふと横道に目をやると住宅の脇に続く急斜面の石段が。
たぶんこの辺りに住む人達のために作られたプライベートな石段なんだろうけど
この素晴らしいショートカットを使わない手はない!
ということで、遠慮なく進ませていただきます。
たまに野良猫がびっくりして逃げていくけど。

一区切り登り終えるごとに変わっていく景色。
どんどん自分の思い描いていた景色に近づいていくワクワク感。
自分が満足する地点を探して、たまに振り返って景色を確認しながら。

そしてやっと理想の絶景が。
アドリア海と旧市街の眺めは、最終日を飾るのにふさわしい景色でした。
心地よい風が吹いていきます。
d0172556_23343371.jpg

[PR]



by Ixora-city | 2010-12-03 23:59 | クロアチア

贅沢な日常

城壁を望みながらの海水浴。
d0172556_12425779.jpg


そして

路地からこんな碧い海が見えたら幸せ。
d0172556_1243543.jpg

[PR]



by Ixora-city | 2010-11-12 12:44 | クロアチア

大聖堂の女の子

ドブロブニクの街のシンボルでもある大聖堂。
バロック様式のドームが一際美しく、内部はしっとり神聖な空気で満ちています。

主祭壇にはヴェネツィア派の巨匠ティツィアーノの『聖母被昇天』が飾られています。
d0172556_22561055.jpg


90年近い長寿を全うする間に、宗教画・神話画・肖像画など
300点を超える油彩画を制作したといわれるティツィアーノ。その全盛期は16世紀初頭。
ドブロブニクも、16世紀には大国ヴェネツィアに匹敵する数の商船を持つ海岸国家として
反映したというから、300点のうちいくつかが海を渡ってきたとしてもおかしくないよなあ。

チケットを確認する女の子は、ヒマそうにしていたけど
窓から差し込む光が心地よさそう。
d0172556_2343521.jpg

[PR]



by Ixora-city | 2010-11-10 23:06 | クロアチア

視線が

見てるよー
d0172556_21302919.jpg


まだ見てるよー
d0172556_2131990.jpg


・・・見てるね!
d0172556_2131486.jpg

[PR]



by Ixora-city | 2010-11-09 21:33 | クロアチア

古い窓枠から

きれいにはまっているけど、
これは計算?偶然?
d0172556_1812276.jpg

[PR]



by Ixora-city | 2010-11-08 18:14 | クロアチア

ロカンダ・ペスカリヤ

目の前は港、鮮魚市場の跡にできたというロカンダ・ペスカリヤ。
テラス席には夕暮れどきになると行列が。
新鮮なシーフードが自慢の食堂。
d0172556_2147356.jpg

d0172556_21505496.jpg


お目当てだったシーフードリゾット。
Kn60(約1140円)。かなりのボリューム。
濃厚です。おいしいです。かなりの満足度です。
d0172556_21481890.jpg


そしてご当地名物といわれるプリン。
Kn18(約350円)。
d0172556_2203321.jpg



目の前のアドリア海は、ヨーロッパで最も魚の種類が多いといわれているだけあって
シーフードが本当においしい。
ダルマチア地方といわれるこの辺りは、南イタリアのテイストもミックスされて日本人にも馴染み易い。
そして、この風景。

d0172556_22344612.jpg

すぐ届く潮風のスパイスがとても効果的なのです。
[PR]



by Ixora-city | 2010-11-04 22:03 | クロアチア

急ぎ足

日が暮れてきた。
お目当てのレストランへ急がねば。
d0172556_2303526.jpg

[PR]



by Ixora-city | 2010-11-01 23:01 | クロアチア

地図屋にて

d0172556_2111320.jpg


宿泊先のSobeの近くに地図屋を発見。
観光客向けの、思いっきり作られた感のある地図だったけど
なんだかとてもほしくなって買ってしまいました。

クロアチア滞在最終日だったこともあって、
今回の旅も無事終了!と気が緩んでしまったんだと思う。
こんなことは今まで一度もなかったのに。
お店の人がクレジットカードを返すのを忘れているのに
気づかず、お店を後にしてしまったんです。

事態に気づいたのは、地図を手に入れ満足げに宿泊先に戻った頃。
急いでお店に戻ると早くも閉店。それでも諦めずにドアをどんどん叩き、
誰か気づいて~と必死になっていると、お店の上に住んでいる住人が
「もう誰もいないよ!明日の朝来るしかないね」と。
でも、でも明日朝6時に空港に向かわないといけないんです・・・。

やっちゃった~・・・とホテルに戻り、宿の女主人に事の始終を説明。
女主人は非常にテキパキとどうしたらよいか相談に乗ってくれました。

明日お店のOPENと同時に私が確かめに行って、その結果をメールする。
あなたはそれを次の滞在先でチェックして返事をしてほしい。
それから私はカードがもしあったら日本へ郵送する。

そして約3週間後、日本の家にきちんとカードが届きました。
お店の人がうっかり忘れて申し訳ないと謝っていたよという手紙とともに。
d0172556_2140448.jpg


不安も一緒にクロアチアを後にした朝。
女主人は朝一番のフライトのためにお弁当を作っておいてくれました。

カードが無事見つかったから余計にだけど
はるばるクロアチアから届いた奇跡に感謝。
いい思い出になりました。
[PR]



by Ixora-city | 2010-10-31 21:46 | クロアチア

ヨーロッパで3番目に古い薬局屋さん

14~15世紀に造られたフランシスコ修道院。
回廊に並べられた柱は細く美しく、どちらかというと女性的。
d0172556_1625764.jpg


そしてこの修道院内には、ヨーロッパで3番目に古いと言われている薬局が。
現在も営業を続けていて、地元の人や観光客でお客が絶えない「マラ・ブラーチャ薬局」。
d0172556_16374874.jpg


自分たちの健康は自分たちで守る!という教えから
修道士たちはここでハーブを調合してもらっていたとか。
秘伝レシピで作られたオリジナルコスメが人気。

私も保湿効果のローズクリームと
珍しいガーベラティを購入。
なんだかもったいなくて、いまだに使えていない・・・
[PR]



by Ixora-city | 2010-10-30 16:38 | クロアチア

調味料たち

2日目の朝食。
これまたお腹いっぱい。
d0172556_2246551.jpg


そして
なんだかとても存在感のある調味料たち。
d0172556_2249141.jpg

[PR]



by Ixora-city | 2010-10-14 22:51 | クロアチア

「旅と海外生活のあれこれ 」                     旅の記憶と海外でのくらしを気ままにご紹介します。                次はどこ行こう?
by Ixora-city
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

アユン川の渓谷沿い
at 2011-05-31 00:43
ヘビ皮フルーツ
at 2011-05-26 22:31
選んだホテルは・・・
at 2011-05-25 22:25
のんびり緑の中で
at 2011-05-24 21:24
シンガポールの朝ごはん
at 2011-05-22 12:39

ファン

ブログジャンル

画像一覧